抜け毛がヒドイ!原因は頭皮にあり?正しい頭皮ケアの考え方

抜け毛がヒドイ!原因は頭皮にあり!?正しい頭皮ケアの考え方

参考画像

はじめに

抜け毛対策!頭皮ケアはどうすれば良い?

『最近、抜け毛がヒドイ!』
『その原因は頭皮かもしれない?』

 

でも、どうやって頭皮ってケアすれば良いのでしょうか?

 

多くの人が間違った頭皮ケアをします。
もう少し詳しく言えば『自分の頭皮の状態にとって間違ったケアをします。』

 

そして残念なことに、間違った頭皮ケアが原因で一層抜け毛がヒドクなり、猛スピードでハゲていく人が居ます。

 

しかし、本人は
「俺遺伝だからしょうがない」
「来る時は一気に来るんだな~」
「対策したけどダメだったから、しょうがない・・」
と自分に言い聞かせるのですが、多くの場合、間違った頭皮ケアが抜け毛をヒドクさせてしまったにも関わらず・・。

 

それも、よくネットや雑誌等のメディアで見聞きするような宣伝過剰な『薄毛対策』を実践した結果、そうなってしまったのです。それも結構多くの人がそんな感じで該当するはずです。でも、宣伝過剰な薄毛対策を取り扱う彼らは、改善したら『私達の商品(対策)のおかげ!』 改善しないどころか悪化してしまったら『あ~、それは遺伝ですね!』つまり、『自分達のせい』にされる。

 

そして、本人も『しょうがいないよね~、遺伝だもん』と思い込む。

 

良く出来たモノです。

 

真の原因が分かりにくいからこそ、こういう商法が成立してしまうのです。もちろん、中には大変優れた商品(対策)もあるのですが、私自身の体験から考えても、半数以上の商品(対策)は、思わず首を傾げたくなるようなモノばかりでした。

 

そこで、ここでは抜け毛対策としての頭皮ケアについて、どう考え、どう実践していけば良いのか?について、湘南紳士塾流に考えてみました。

 

あくまで、塾長である私の体験と研究による独断と偏見に基づく対策です。ただ、その人の頭皮の状態を無視して、一方的に「あれが良い!」「これが良い!」といった事をゴリ押しするでのはなく、その人の頭皮の状態に合った対策をどう見つけて、どう取り組んでいけば良いのか?という視点で説明しています。

 

また、頭皮ケアの基本は頭皮そのものではなく生活習慣にあります。

 

抜け毛の原因は様々です。ただし一つ言えるのは、総合的な意味での健康状態が大きく関係するという事です。髪は髪だけで独立して生えているわけではありません。私達の身体の一部として生えているのです。

 

そのことを踏まえた上で、総合的な対策のあり方について考えてみたいと思います。

 

頭皮ケアの流れ!

まず頭皮ケアの流れについて、簡単に説明します。
その後、それぞれ詳細に説明していきたいと思います。

 

対策の軸は2つです。
見やすいように表にしてみましたので、まずはササっと全体を掴んで下さい。そして詳細説明へと進んでください。

 

2つのアプローチ 主な内容 備考
頭皮へのアプローチ

1.頭皮をチェックする!
2.シャンプーの仕方を改善
3.シャンプーを改善
4.整髪料を改善
5.血行の改善
6.髪型も考えてみる

シャンプーだけではなく、シャンプーの仕方が大事。または絶対というわけではありませんが、髪型なども頭皮や髪に負担の掛からないモノにする事で、案外良い影響があります。
生活習慣へのアプローチ

1.食事・食習慣の改善
2.清潔にする
3.睡眠の質を改善
4.外的刺激への対策
5.メンタルヘルス
6.その他(姿勢・運動・趣味など)

頭皮ケアは頭皮そのものよりも、生活習慣の改善が重要です。

以下、表で挙げた各項目について、説明していきたいと思います。再度繰り返しますが、あくまで私の体験に即したものです。従って、一つの事例研究くらいのつもりで眺めてください。その上で、これは良さそうだな!と感じて頂けたら、積極的に取り組んでみて欲しいと思います。

 

頭皮へのアプローチ

頭皮をチェックする

まずは抜け毛の原因であると考えられる頭皮についてチェックしましょう!

  • 鏡で見る
  • 手で触ってみる
  • 友人・家族に見てもらう

 

そして
頭皮が

  • ベトベトなのか?
  • 乾燥しているのか?
  • 赤いのか?
  • 出来物があるのか?
  • 固い感じがするのか?
  • 毛髪が細いのか?
  • それとも毛髪は普通だけど抜けているのか?
  • どの部分が薄いのか?

といったのをチェックしましょう。

 

赤い・出来物がある・またはカサブタや傷など、皮膚の病気が疑われる場合は、まず皮膚科を受診しましょう。皮膚の病気がある状態で、強い刺激があるようなシャンプー・整髪料を使うと、皮膚の病変(炎症など)が悪化する可能性があります。

 

そうでない場合、ベトベトなのか?乾燥気味なのか?をチェックしましょう。参考として冬に保湿クリームが欠かせない・耳垢はカサカサかベトベトか?といった点も思い出してみてください。

 

ここは重要です。

 

どんなシャンプーを選べば良いのか?の基準になります。

 

本当は『一番最初が大事!』

本当は最初からプロのチェックを受けた方が良いと思います。
確かに、ちょっとハードルが高いというか、「まだ良いでしょ!」と思いがちなのですが、各種検査により頭皮の状態をチェックする事が可能です。

 

それが脂漏性皮膚炎や接触性(アレルギー)皮膚炎のような病気が原因なのか?
それとも頭皮が皮脂でベタベタなのか? 
それとも乾燥しているのか? 

 

といった事が正確に分ります。
最近は、AGA専門のクリニックでも、スグに薬を出すのではなく、カウンセリングをして原因を分析して、生活習慣の改善などのアドバイスをしてくれるところもあります。もし、抜け毛の進行がヒドイようでしたら、治療なども選択肢に含めた方が良い場合もあります。

 

出来れば、一番最初こそプロのチェックを受ける事をオススメします。

 

シャンプーの仕方を改善

シャンプーの仕方を改善しましょう。頭皮の状態が悪い人の多くが、シャンプーの仕方を間違っています。そこで、まずは正しいシャンプーの仕方を覚えましょう。

 

中村さんという美容師の方が大変丁寧に解説して下さっています。

 

現役美容師が普段やっている正しいシャンプー

 

ポイントは

  • 泡を良く立てる事。
  • そして地肌をゴシゴシと擦る事。
  • ただし、爪を立てたり、強く擦らない事。

 

プロの美容師さんであれば、ここで頭皮のマッサージも兼ねるわけですが、自分でこれをやるのは難しい!私はシャンプーはシャンプー、頭皮マッサージは頭皮マッサージで別々に実践しています。

 

シャンプーを改善

シャンプーそのものを改善します。
つまり、どの銘柄のシャンプーを選びますか?という話です。ここは凄く重要です。先ほど頭皮チェックで、自分の頭皮がベトベトなのか?乾燥気味なのか?を判別しました。

 

頭皮がベトベト気味の人は、洗浄力が強く、医薬部外品有効成分を含むシャンプーが合う場合が多いです。特に頭皮にニキビが出来たり、毛穴が皮脂でふさがるような人は、洗浄力が強めのシャンプーが合う場合が多いです。

 

頭皮ベトベトな人向けのシャンプーの選び方(準備中)

 

一方、頭皮が乾燥気味の方は、間違っても洗浄力が強いシャンプーは用いない方が賢明です。実は私自身が乾燥気味のタイプで、そろそろ生え際も後退してきたから~と、洗浄力が強い医薬部外品有効成分を含むシャンプーを使ったところ、抜け毛に悩まされるようになったのです。

 

この場合、乾燥をケアするような、肌に優しい天然系のシャンプーなどが合う傾向があります。特に秋から冬の乾燥時期にシャンプーを間違えると、本当に悲惨な目に遭います。

 

乾燥気味な頭皮の人向けのシャンプーの選び方

 

整髪料を改善

整髪料は頭皮や髪の毛の事を考えたら控えた方が良いです。その理由は整髪料に含まれている界面活性成分や整髪料の香料成分などが、毛髪や頭皮に対して刺激が強いからです。また整髪料を落とすために、どうしてもシャンプーをし過ぎてしまうのです。

 

対策としては

  • 髪型を工夫する事で整髪料が少なくてもスタイリング出来るようにする
  • 整髪料が頭皮につかないよう気を付ける
  • 1日に何度もスタイリングをしない
  • 天然成分の整髪料に変える

といったことを実践してみましょう。

 

血行を改善

血行の改善も重要です。
頭皮マッサージや、ブラシなど様々な対策があります。しかし、一番良いのが運動です。運動により代謝を改善し、全身の血流を良くすることです。

 

もちろん、頭皮マッサージも良いと言われていますので、併せて実践してみてください。

 

生活習慣へのアプローチ

参考画像

食事・食習慣の改善

頭皮ケアにおいて欠かせないのが食事・食習慣の改善です。

 

皮脂汚れも、乾燥も、頭皮の状態の悪化も、食事と極めて密接に関係しています。さらに言えば、抜け毛がヒドクなる原因の一つに、栄養不足も挙げられます。従って本気で頭皮ケアをするならば、食事・食習慣の改善も欠かせないのです。

 

頭皮ケアに欠かせない食事・食習慣の改善法について

 

清潔にする

抜け毛の原因は皮脂や汚れだけでなく、カビ菌や雑菌などが関係する場合もあります。

 

従って頭皮に限らず、衣類や布団や家そのものを清潔にする事も大事です。また独り暮らしの人の場合、清潔さを保てない状態(心理面・多忙さ)が抜け毛に影響する事もあるみたいですね。

 

もちろん個人差があるので、凄く汚い家、不潔な髪型、堕落した生活を送っていても、フサフサな人はフサフサです。ただし薄毛や抜け毛がヒドイ人の場合、清潔にする事で改善するケースが多いようです。遺伝的影響なのか、日々のストレスの問題なのか、衛生面の問題なのか、理由は定かではありませんが一応一つの対策として押さえておいてください。

 

睡眠の質を改善

睡眠の質は極めて関係しています。
頭皮ケア対策において、食事と並ぶくらい重要なのが睡眠の質の改善だと思います。

 

睡眠の質を改善したら薄毛が改善した!という良くある話

 

外的刺激への対策

外的刺激とは、

  • 日焼け(紫外線の影響)
  • 帽子・ヘルメット(蒸れる状態)
  • エアコン(暖房や冷房の風が当たるなど)
  • 気温(寒い・暑い・寒暖差が激しい)
  • などなど

 

例えば、
帽子・ヘルメットであれば、髪型を短くして時々帽子・ヘルメットを外すとか、必要な時以外は外すといった対策です。

 

案外、見落としがちなのがエアコンです。

 

エアコンによる乾燥はかなり頭皮に影響します。直接風が当たらない場所にデスクを移動するとか、こまめに水分補給したり、加湿器を設置するなど、工夫しましょう。

 

メンタルヘルス

ストレスが原因でハゲる!
抜け毛の原因として、見落とすことが出来ないのが、メンタルヘルス(対ストレス)の問題です。こればかりは個人の努力だけでは中々難しかったりするのですが、それでもストレスマネジメントについて学ぶ事で、幾らかはストレスを軽減することが可能です。

 

ストレスとの上手な付き合い方

 

その他

他にも

  • 禁煙する(抜け毛の原因となる活性酸素やビタミン群の消耗を防ぐため)
  • お酒を減らす(メタボやアルコール解毒により頭皮環境維持に欠かせない栄養が消耗されるため・皮脂汚れの原因)
  • 夜更かししない(睡眠の時間と質に関係)
  • お菓子などの間食は止める(メタボ、酸化した脂など頭皮に好ましくない)
  • お風呂の後に髪を濡らしたままにしない
  • などなど

様々な対策がありますが、特にオススメしたいのが運動です。
ただし、運動といっても激しい運動ではありません。

 

  • 積極的に歩く
  • 軽い有酸素運動
  • ストレッチ

 

くらいでOKです。
代謝を良くするというのもありますが、全身の健康状態を改善する意味でも、運動はとても有効な手段です。また乾燥気味の人は、適度に汗を掻くことで頭皮の乾燥を防ぐことも可能です。

 

秋や冬などの季節で、乾燥がヒドクなると、頭皮にまで乾燥性敏感肌(チクチク)になる人が居ますが、これなどは適度に運動して・適度に水分補給し・食事を改善し・保湿にも力を入れる事で、かなり改善します。つまり頭皮の環境を改善することが出来るわけです。

 

一方、頭皮ベタベタの人は、代謝をUPする事で、老廃物の排出を助ける事になります。普段から脂っこい食事や、濃い味の食事ばかり好む人は、頭皮云々だけでなく健康にも良くありません。

 

健康状態の悪化は抜け毛の原因でもあります。

 

従って、運動による健康増進は、積極的に取り組んで欲しい対策の1つでもあります。

 

まとめ

頭皮ケアはシャンプーだけでは出来ない

最後のおさらいを兼ねて、少し大事なことを説明したいと思います。
まず
『頭皮ケアはシャンプーだけではできない!』
という事を覚えておいてください。

 

抜け毛がヒドイ!
 ↓
何か対策しなきゃ!
 ↓
頭皮を改善しよう!
 ↓
シャンプー・マッサージなど直接頭皮へ働きかける

 

というのが、ありがちな頭皮ケアの流れです。
しかし、頭皮も髪の毛も、人間の体の一部であり、独立してあるわけではありません。血管でも、皮膚でも、骨でも、筋肉でも、つながっているわけです。当然、髪の毛の成分だって、頭皮の栄養だって、私達の口から食べたモノによって成り立っているわけです。

 

育毛シャンプーの宣伝は鵜呑みにしない

育毛シャンプーの中には、沢山の成分を売りにしているモノがあります。こんなに沢山の栄養成分含んでますよ!という訳です。

 

しかし、頭皮に直接栄養をかけたからといって、髪の毛や頭皮に直接栄養が入り込むわけではありません。もちろん保湿成分などは表皮よりやや深い部分にまでは浸透はします。しかし、シャンプーによりそれらの成分が頭皮上に載っている時間って、せいぜい数十秒とか1分程度です。

 

それも1日の内にです。

 

つまり、ほぼほぼ意味がありません。
シャンプーはあくまで頭皮の皮脂や汚れを落とし、頭皮環境をキレイに清潔にする程度です。

 

つまり、衛生面の対策です。

 

この当たり前の事をまずは理解して欲しいのです。そうする事で、どんなシャンプーを選ぶべきか?自分の頭皮にとってどんなシャンプーを選ぶべきか?という事が見えてくるかと思います。

 

専門家の頭皮・毛髪チェックを受けた上で対策をした方が良い

そして、本気で抜け毛対策をするのであれば、専門家の頭皮・毛髪チェックを受けた上で、出来れば生活習慣その他のアドバイスも受けた上で、対策をした方が良いです。

 

確かに費用がかかります。

 

でも、意味が無い・むしろ逆効果な宣伝過剰な変なシャンプーや、変な薄毛対策に無駄なお金を払うよりかは、よほど頭皮や髪の毛のためになります。

 

関連ページ

薄毛・抜け毛対策で最も重要なのは考え方である!
薄毛・抜け毛の原因は人それぞれ!合う対策も合わない対策も人それぞれ!対策のポイントは、『自分の場合、どうやって対策プランを立てれば良いのだろう?』と考える事! その基本となる考え方を解説しています!
薄毛・頭皮環境の改善に役立つ!おすすめシャンプーって本当にあるの?
薄毛・頭皮環境の改善にオススメのシャンプーとは? シャンプーそのものに何を期待すれば良いのか?シャンプーそのものが育毛に直接働き掛けるわけではありません。