薄毛・頭皮環境の改善に役立つ!おすすめシャンプーって本当にあるの?

薄毛対策・頭皮環境の改善に役立つ!シャンプーはあくまで衛生面?

参考画像

シャンプーは自分の頭皮環境に合ったモノを選ぶ

薄毛対策・頭皮環境の改善に役立つシャンプーとは

シャンプーの目的は頭皮の衛生面を整える事です。

 

時々、『育毛シャンプーで毛が生える』と勘違いしている人が居ますが、当然、シャンプーそのもので毛が生える事はありません。

 

シャンプーはあくまで薄毛や抜毛の原因となる頭皮環境の悪化(皮脂・汚れ・毛穴の詰まり・頭皮トラブル等々)への対処および予防が目的です。

 

従って、育毛シャンプーを考える時、頭皮の栄養だの、毛根の栄養だのといった売り文句は参考にしなくて結構です。そもそも、栄養素は消化と吸収の過程を経て血液によって各組織に運ばれる事で各働きをします。

 

頭の上からカルシウムやアミノ酸をかけたからといって、骨が丈夫になるわけでも、アミノ酸が原材料の筋肉や髪の毛になるわけではありませんから、そういった育毛シャンプーの宣伝文句には注意しましょう。

 

シャンプーは

もう少し、シャンプーに何を期待するべきか?といった説明をしましょう。

 

  1. 頭皮を健やかな状態に保つ(毛穴の状態、頭の肌の状態などを健やかな状態にする)
  2. 皮脂や汚れを落とし衛生面を保つ(不衛生が原因の頭皮トラブル、主に皮膚病などを防ぐ)
  3. 頭皮の潤い(保湿)

 

この3点を基準にシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

頭皮環境から考える自分に合うシャンプーとは

では自分に合うシャンプーをどのようにして選んだら良いのでしょうか?

 

頭皮の状態によって大きく2つに分けることが可能です。

 

参考画像

 

頭皮が乾燥気味
頭皮がベトベト
の場合に分けることが出来ます。

 

大体の特徴を表にしてみましたので参考にしてみてください。

 

頭皮が乾燥気味 頭皮がベトベト
  • 頭皮が乾燥気味
  • 冬場になると肌が乾燥しやすい
  • 耳垢が乾燥している
  • 肌が弱い方だ
  • 皮脂が多い
  • ニキビなど出来物が出来やすい
  • フケや汚れなどが出やすい
  • 汗が脂っこい感じ
  • 耳垢がネチョネチョ
  • メタボだ
このタイプには、保湿成分を重視した優しいシャンプーが合う場合が多い。洗浄力は強すぎない方が良く、保湿タイプの薬用成分以外は含まないシャンプーが合う場合が多い。 このタイプには、薬用(医薬部外)成分を含むシャンプーが合う場合が多い。また洗浄力が強めで、シャンプー後に爽快感があるタイプのシャンプーが合う場合が多い。

 

基本、
皮脂が多く汚れやすい頭皮か?
乾燥気味で敏感な頭皮か?
のどちらよりか?で考えてください。

 

少し前ですと、とにかくゴシゴシ汚れも、頭皮の潤いも、落としてしまうような強刺激なシャンプーもありましたが、最近は肌に優しいシャンプーが主流になっています。主な差は医薬部外品有効成分を含むかどうか?といった点にあります。

 



ポイント!
医薬部外品有効成分とは、厚生労働省によって指定された一定の薬効が認められた成分を基準以上配合している場合、認められた効果のみ表示を許可されます。シャンプーにおいて代表的な医薬部外品有効成分には
『グリチルリチン酸2K(頭皮の炎症や肌荒れ)』
『サリチル酸(頭皮ニキビ・フケ)』
『ピロクトンオラミン(かゆみ・フケ)』
『トコフェロール酢酸エステル(血行)』
などなど多数あります。

 

育毛剤ってどうなのか?

育毛剤の意義とは何か?

育毛剤とは、スプレーなどを使い頭皮に吹き付けて、頭皮に直接有用成分を塗るモノです。

 

育毛剤も色々あります。

 

育毛剤の中には、薄毛や抜毛の原因となる頭皮トラブル・頭皮の保湿・毛髪の痛みなどに有効な成分が含まれており、それが薄毛や抜毛の要因にアプローチし、結果薄毛や抜け毛が改善されることがあるのです。

 

上手に活用すれば育毛剤は意味がある

私はシャンプーよりも、育毛剤の方が、まだ意味があると思います。シャンプーは洗浄成分を含んでいるため、洗髪を終えたらキレイに洗い流す必要があります。そうしないと、むしろ薄毛・抜け毛の原因になります。

 

つまり、どんなに有用成分を含んでいても、頭の上にその成分が載っている時間は、シャンプーの場合、数十秒~1分程度なわけです。それも、洗浄成分と混ざった状態ですから、頭皮への浸透なども難しいでしょう。

 

しかし、育毛剤の場合、頭皮に直接吹きかけたり・塗りつけることで、一定期間の間有用成分が頭皮に浸透し続けます。その中には頭皮トラブルに一定の効果がある医薬部外成分(グリチルリチン酸・・)なども含まれていますので、それなりに頭皮環境の改善にもつながるわけです。

 

従って、もし本気で育毛・・というと誤解されるので、薄毛・抜け毛の改善を目標にするのであれば、自力でその対策をしたいのであれば、シャンプーよりも育毛剤の方が貢献するかと思います。

 

関連ページ

薄毛・抜け毛対策で最も重要なのは考え方である!
薄毛・抜け毛の原因は人それぞれ!合う対策も合わない対策も人それぞれ!対策のポイントは、『自分の場合、どうやって対策プランを立てれば良いのだろう?』と考える事! その基本となる考え方を解説しています!
抜け毛がヒドイ!原因は頭皮にあり?正しい頭皮ケアの考え方
抜け毛がヒドイ時、その原因は頭皮かもしれません。頭皮ケアのポイントは、頭皮そのものよりも、生活習慣や食習慣にあります。具体的な方法論を解説していますので参考に・・・・。