生え際が後退してきた!生え際の薄毛は改善できるのか?

生え際が後退してきた!生え際の薄毛(M字ハゲ)は改善できるのか?

M字ハゲのイメージ図

 

生え際の後退(M字ハゲ)が気になり始めたら

生え際の後退(M字ハゲ)の改善は頭頂部ハゲより難しいのか?

一般的に生え際から来るM字ハゲの場合、改善が難しいと言われています。

 

その理由として

  • 生え際の方が抜け毛の原因となる男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)が多いため
  • また毛髪に栄養を供給する毛細血管が少ないため
  • 目の疲れなどの影響を受けてコリやすい

などが挙げられます。

 

また遺伝的な影響を受けやすい部位とも言われています。つまり、親や祖父などが生え際から後退するM字ハゲ型だった場合、その影響を受けやすいというわけです。

 

頭頂部の薄毛は、生活習慣・頭皮環境・食習慣等の影響をより受けやすいため、これらを改めることで状態が好転しやすいのですが、生え際の場合、それが難しいという事が一般的には言われています。(実際は違いますが・・)

 

生え際対策の第一歩

生え際の後退(M字ハゲ)対策の第一歩として取り組むべき事は、薄毛対策に関する総合的な知識を得る事です。
世間には『薄毛に良い”らしい”情報』が沢山溢れています。しかし、その情報は玉石混交であり、下手すれば逆効果になるようなジャンクな情報も含まれています。

 

また、仮にそれが『本当に薄毛に良い情報』だったとしても、薄毛の原因は複雑なため、自分の生え際の後退対策にマッチする情報かどうかは分かりません。

 

そのため、まずは薄毛対策に関する総合的な知識を得る事が重要なのです。

 

ただし、専門家みたいに詳しくなる必要はありません。あくまで自分にとって合う対策は何か?を探す、見つける、試す、判断するために必要な知識があれば充分です。加えて、荒唐無稽で下手すれば薄毛を悪化させかねないジャンクな情報を見極める、そのための知識があればOKです。

 

まずは生え際チェックから!

まずは生え際をチェックしましょう。
M字ハゲは前髪を上げれば簡単に分かりますが、ついでに頭皮や髪の毛の状態もチェックしておきましょう。

 

  • 剃りこみ部分(M字)が薄くなってきているかどうか
  • 頭皮の状態を見る(赤みがある・硬い)
  • 髪の毛の状態を見る(髪の毛が細い・毛根が白くなっている)

 

頭皮や髪の毛まで不健康な状態だと、生え際の後退スピードが早くなる可能性が高いです。

 

また元々AGAになりやすいかどうかを簡易的ではありますが、チェックしてみると良いでしょう。
AGAの可能性セルフチェック(参考:メンズスキンケア大学)

 

生え際が後退する原因とは

なぜ生え際が後退するのか悩む男性
生え際が後退する原因について説明します。原因が分からないようでは、的確な対策も施せません。薄毛の原因は複雑です。そして2つも3つも原因が絡んでいる場合があります。そのため、全く同じ対策をしたのに、ある時は改善、でもある時は意味が無い、といった事も起こり得ます。また、ある対策を怠ってたため、他のどんな対策をしても良い実感が得られない!という事も頻繁に起こります。

 

こういったミスマッチを防ぐためにも、原因について知っておくことは大事です。

 

男性ホルモンの影響

男性ホルモンそのものが薄毛を促進するわけではありません。男性ホルモンが変換されたジヒドロテストステロン(DHT)が毛乳頭にあるレセプターに作用し正常なヘアサイクルを乱してしまうために薄毛・抜け毛が促進されてしまうと考えられています。

 

では、なぜ男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変換されてしまうのか?その原因は、5αリダクターゼと呼ばれる酵素にあります。

 

5αリダクターゼは、皮脂腺や毛乳頭に存在します。特に前頭部や頭頂部の毛乳頭にある5αリダクターゼが男性ホルモンをジヒドロテストステロンに変換させます。

 

5αリダクターゼは個人差があり、活性した5αリダクターゼを持つ人が薄毛になりやすいと考えられています。そして活性した5αリダクターゼを持つかどうかは、遺伝によると考えられています。

 

この酵素の働きを抑えるのが、代表的なAGA治療薬でもあるフィナステリドです。(薬名プロペシア)

 

血行が悪くなっている

頭皮は血流が低下しやすい部位です。特に前頭部や頭頂部は血流が低下しやすいと言われてます。また血流は筋肉の動きによって促進されます。(筋ポンプ作用)顔より上は大きな筋肉が乏しく、これも血流が低下しやすい原因になっています。

 

血流が低下すれば毛髪に充分な栄養が届けられにくくなります。そのため、薄毛が進行しやすくなるわけです。

 

遺伝的な原因

男性ホルモンの影響の部分でも触れましたが、薄毛・抜け毛の原因となる5αリダクターゼ酵素が活性しているかどうかは、遺伝の影響が大きいと言われています。また、毛乳頭にあるレセプターにも、ジヒドロテストステロンと結びつきやすいタイプとそうでないタイプがあり、これが結びつきやすいタイプだと、薄毛になりやすいのです。これも、遺伝の影響を受けると言われてます。

 

これらの特性は遺伝子検査を行う事で分析可能です。

 

なお、遺伝的に薄毛になりやすいタイプであっても、薄毛にならない人は沢山居ます。その理由は生活習慣や食習慣にあると言われてます。つまり、遺伝的な影響が強ければ必ず薄毛・抜け毛が進行するとは限らないのです。

 

生活習慣・食習慣の影響

最近、女性の薄毛が増えています。女性は元々、薄毛になりにくいです。しかし、それでも最近はAGAクリニックに主に働く若い女性が行列を作っています。つむじ周り、生え際で悩む女性が増えているそうです。女性の薄毛が増えているということは、生活習慣・食習慣・そしてストレスなどが、いかに薄毛や抜け毛の進行に大きく関係しているかという話なのです。

 

良く生え際の後退(M字ハゲ)は男性ホルモンや遺伝の影響だから改善が難しいと言われてきましたが、女性の薄毛の例を見れば分る通り、そんなことは無いのです。いかに、生活習慣・食習慣・ストレス対策などが、薄毛対策においてとても重要だという話なのです。

 

原因は複雑であり複合的である

生え際後退型の薄毛の原因は実に複雑です。

 

今、主な原因を挙げてきましたが、正直どの原因がどの程度影響しているのか?影響していないのか?個人差はどの程度関係しているのか?それとも違うところに原因があるのか?

 

個人の判断では限界があります。

 

そして、個人の判断による的外れな対策は、逆に薄毛に悪影響を与える事もあります。ですが、生活習慣・食習慣の改善に関しては、正しい知識を元に取り組む限りは悪影響というのは、ほぼあり得ません。ですから、薄毛対策を始める場合、まずは生活習慣・食習慣の改善から始めると良いでしょう。

 

その上で、やはり一度はキチンとした診断を受けるべきだと思います。

 

最近のAGAクリニックは、薬を出して終わりではなく、診断から生活習慣等に至るまでカウンセリングを実施しているところも増えてきました。検査も充実しています。実際検査をしてみたら、頭皮の炎症が原因だった・炎症の原因は合わないシャンプーだった、またはアレルギーが原因だった、しらみなどが原因だった、別の病気が原因だった・・・、なんて具合に主な原因があっさり判明する事もあります。

 

また、原因は複合的です。
上記の例とは反対に、様々な原因が重なり生え際がどんどん後退していくケースもあります。その場合、「あれがいいよ!」「それがいいよ!」と巷で言われている対策をアレコレ試しては止め、試しては止めと繰り返しても、対策がマッチしない可能性が高いです。それも一つの対策だけでは足りずに、色々な対策を同時並行的に進める必要があるケースも多いです。

 

だからこそ、闇雲に対策をするのではなく、まずは知識を得る事からスタートして欲しいのです。次に代表的な対策を挙げたいと思います。基本、いずれも仮に自分の生え際後退の原因とマッチしなかった場合であっても、マイナスになるような対策は取り上げていません。なので一つずつ試してみると良いと思います。ですが、出来ればどこかの段階でプロのサポートを受けるようにしてください。

 

生え際を改善させるには【M字ハゲ対策】

改善策を説明する男性

バランスの良い食事

生え際に限らず、薄毛対策の基本に食事対策があります。

 

食事対策についてはコチラで詳細解説しています

 

喫煙は控える

喫煙により

  • ニコチンが血管を収縮させることで血流が低下。栄養が上手く運ばれなくなる。
  • ビタミンなどの栄養素を浪費する。
  • ハーバード大学の調査によれば、喫煙者の方が薄毛の原因となるジヒドロテストステロンの値が高くなる。

といった事が言われてます。

 

また健康にも良くないです。髪の毛は髪だけで独立して存在しているわけでなく、私達の身体の一部として存在し、他の臓器や筋肉同様に血液により栄養も補給されます。従って、私達自身の健康状態が悪化すると、当然髪の毛にも悪影響が出ます

 

禁煙するに越したことはありません。

 

アルコールは適度な量にする

アルコールの摂りすぎも、髪の毛に必要な栄養素を浪費する・頭皮環境を悪化させる・酔った時の不摂生や不衛生が抜け毛を促進、といった理由で髪の毛に良くありません。適度な量であればお酒は血流を良くする働きもありますので、飲み過ぎない事がポイントです。

 

シャンプーの選び方&洗い方の改善

シャンプーは自分の頭皮の状態や肌質に合ったモノを選ぶようにしましょう。

 

シャンプーの選び方と洗い方についてはコチラ

 

睡眠を改善する

睡眠は薄毛対策にとって極めて重要です。ヘアサイクルが正常であるためには、睡眠による休息を軽視してはいけません。実際、睡眠時間と睡眠の質が向上する事で、多くの人が生え際の後退がストップしたり、復活しています。

 

睡眠の質を改善したら薄毛抜毛の進行が止まったって話

 

適度な運動をする

運動も生え際の後退を改善するためにはオススメです。

 

運動により血行が改善出来る点。
そして、運動によりメタボなどの生活習慣病を予防し、健康状態の維持に貢献する点です。

 

髪の毛は、私達の健康状態と密接に関係しています。健康状態が悪化すると抜毛や薄毛が進行しがちです。ですが、適度な運動により健康状態が改善すると、頭皮や髪の毛の状態も改善しやすいです。

 

薄毛対策に試してみたい!手軽に出来る有酸素運動とは

 

疲れを溜めないようにする

上でも説明したように、健康状態が悪化すると抜け毛や薄毛が進行しがちです。健康状態が悪化する大きな原因の1つが疲労です。疲労が溜まるという事は、休息や睡眠による身体の修復なり回復が追い付いていないという事です。それはヘアサイクルに関しても同様であり、疲労が蓄積すると薄毛が進行しやすくなるのです。

 

一番の原因は働き過ぎです。

 

働き過ぎの上に、仕事後や休日なども精力的に動いている人、休息を取らない人は注意が必要です。体力のある若い頃はそれでも何とかなりますが、30代後半以降~途端に衰えはじめます。やはり身体にとっても髪の毛にとっても、休息が大事なのです。

 

ストレス対策

ストレスも抜け毛の原因です。
様々な理由が挙げられています。

 

  • ストレスを感じると髪の生育に欠かせない栄養素である亜鉛が大量消費される。
  • 自律神経が乱れ、血行が悪くなり、髪の毛に栄養が行き渡らなくなる。
  • 睡眠の質が低下し、熟睡中の修復や回復が不十分になる。
  • 抗ストレスホルモンであるコルチゾールがジヒドロテストステロンの分泌を促進する。成長ホルモンの分泌を抑える働きもある。そのため育毛環境が悪化する可能性があるとも言われています。

 

様々な説があり、まだ明確な機序は分からないそうですが、ストレスが髪の毛に良くないのは間違いありません。

 

ただし、ストレスとはあまりに曖昧な言葉のため、『ストレス解消が必要』と言われても、一体何をすれば良いのか分からない人も多いのではないでしょうか?

 

ストレスとは何者か?(準備中)

 

AGA対策

生え際の薄毛対策にはAGAクリニックがオススメです。基本、総合的な治療法・カウンセリング等を提供するクリニックを選ぶようにします。プロペシアやミノキシジルなどの内服薬・外用薬を処方するだけのクリニックも多いですが、今まで説明してきたように、薄毛の原因は複雑です。

 

そのため、総合的なアプローチが可能なクリニックで、且つカウンセリングに力を入れているところを選ぶと良いでしょう。

 

AGA治療もピンキリ!薄毛治療にはどんな病院を選べば良い?

 

まとめ

それでも生え際が後退する場合 イメージ図

それでも生え際が後退していく場合

どんなに努力しても、やはり限界はあります。

 

仕事が忙しい人、人間関係が大変な人、性格的にストレスに弱い人、自己管理が苦手な人、ついつい食べ過ぎてしまう人、などなど、生活習慣にせよ、食習慣にせよ、ストレス対策にせよ、全ての対策を完璧に実施する事など不可能です。

 

そして、どうしても生え際の薄毛が止まらない事もあります。

 

そんな時のために、一応、植毛や増毛という選択肢も考えておきましょう。実際に利用するかどうかは別にして、薄毛が止まらなくなった時のための選択肢を持っておくことで、『薄毛・抜け毛の進行⇒ストレスを感じる⇒さらに薄毛・抜けがが進行⇒さらにストレスを感じる⇒繰り返し』といった『薄毛スパイラル』によるストレスを軽減する事が可能です

 

まだ選択肢がある!と構えるだけで、随分と精神的にも楽になるものです。

 

植毛・増毛についてはコチラ

 

素人判断の対策が薄毛の悩みを深刻にする~プロのサポートを受けた方が良い

私は早い段階でAGAクリニック等に訪れて、診断とカウンセリングを受けた方が良いと思います。最近は何でもかんでも薬ではなく、診断とカウンセリングを実施し、オーダーメードに近い形でメニューを提供しようと心掛けているクリニックも増えています。

 

何しろ自己判断は失敗の元です。

 

荒唐無稽な薄毛対策を実施した結果、薄毛が深刻化する人も多いのです。だけど、『これは遺伝だから』と言われてしまえば、本人も『そういうものなのか~』と思うしかありません。何しろ薄毛の原因は複雑であり複合的です。だから、何が正しくて、何が間違っていたのか、素人では判断がつかないのです。

 

もちろん、クリニックも万能ではありません。これはAGAクリニックの医師も話すように、薄毛の原因を完全に特定する事は出来ないのです。プロペシアの主要成分であるフィナステリドも、元々は前立腺疾患向けの薬でした。それが臨床の中で薄毛の改善につながる事が発見され、今に至ります。

 

薄毛治療薬の代表格でもあるミノキシジルも、元々米国では高血圧の治療薬でした。しかし、その血管拡張作用が薄毛対策にも活かせる事から、薄毛対策治療薬としても使用されるようになったのです。

 

つまり、いずれも薄毛を治すために開発されたわけでは無かったのです。たまたま気付いただけなのです。そのくらい薄毛の原因は複雑なのです。

 

そして治療薬はあくまで『5αリダクターゼの働きをブロック』 『血管拡張』といったケミカル的な働きです。しかし、薄毛の原因には生活習慣・頭皮環境・食事・睡眠なども関わるわけであり、コチラは薬の機序とは違い、明確なケミカル的なメカニズムがあるわけではありません。

 

つまり、薬の効き目のような即効性や一定以上の再現性があるわけじゃないのです。それは個人に帰するところが大きいのです。だからこそ、オーダーメードに近い形で、プロのアドバイスを受けながら、試行錯誤しながら対策をする必要があるのです。

 

さて、長々と説明させて頂きましたが、生え際の後退を改善するのであれば、プロへの相談という選択肢も持っておきましょう。最初は中々ハードルが高いかもしれませんが、本気で改善を目指すのであれば、早めの相談をオススメします。

 

関連ページ

薄毛・抜け毛対策で最も重要なのは考え方である!
薄毛・抜け毛の原因は人それぞれ!合う対策も合わない対策も人それぞれ!対策のポイントは、『自分の場合、どうやって対策プランを立てれば良いのだろう?』と考える事! その基本となる考え方を解説しています!
抜け毛がヒドイ!原因は頭皮にあり?正しい頭皮ケアの考え方
抜け毛がヒドイ時、その原因は頭皮かもしれません。頭皮ケアのポイントは、頭皮そのものよりも、生活習慣や食習慣にあります。具体的な方法論を解説していますので参考に・・・・。
薄毛・頭皮環境の改善に役立つ!おすすめシャンプーって本当にあるの?
薄毛・頭皮環境の改善にオススメのシャンプーとは? シャンプーそのものに何を期待すれば良いのか?シャンプーそのものが育毛に直接働き掛けるわけではありません。
薄毛の人向け~理容室(床屋)・美容室の探し方と通い方
薄毛の人にとって理容師さん・美容師さんは良い相談相手になります。どうしても薄毛がバレると恥ずかしい!自分でハゲているなんて言い出せない!という人も多いかと思いますが、薄毛対策をするならば・・
薄毛・抜毛対策に欠かせない!食事・食習慣の改善法(前半)
薄毛・抜け毛対策にとって必ず取り組むべきなのが食事・食習慣の改善です。髪の毛も栄養成分から出来ています。その栄養を疎かにすると、薄毛・抜け毛はどんどん進行します。
薄毛・抜け毛対策に欠かせない!食事・食習慣の改善法(後半)
薄毛・抜け毛対策にとって、食事・食習慣の改善は基本です。しかし、多くの人は頭皮や髪の毛ばかりに注目します。でも髪の毛だって頭皮の状態だって、食事の影響を大きく受けるのです。従て、本当に・・
薄毛対策に試してみたい!手軽に出来る有酸素運動とは
薄毛対策において運動とはどういう意味があるのでしょうか?シンプルに言えば血行改善・頭皮環境の改善といった意味合いがあります。ただし、どんな運動をどの程度するかが大事であり、運動だけではなく他の対策も一緒にやった方が良いです。
睡眠の質を改善したら薄毛抜毛の進行が止まったって話
薄毛や抜け毛と睡眠は密接に関係しています。睡眠の質を改善したら薄毛の進行が止まり、抜け毛が目立たなくなったと答える人も多いです。ただし、個人差があります。睡眠時間が短くてもフサフサな人はフサフサです。その理由は・・
AGA治療もピンキリ!薄毛治療にはどんな病院を選べば良い?
AGAの治療を受けたいのであれば、専門病院がオススメです。そして内服薬や外用薬だけではなく、薄毛の原因に対して総合的にアプローチし・指導してくれるAGA専門病院を選ぶことが、長くフサフサで居るためには重要なのです。
薄毛・抜け毛が止まらない!植毛・増毛・カツラも検討してみよう!
薄毛が止まらない時は、植毛・増毛・カツラも検討してみましょう。植毛や増毛も対策の選択肢に入れる!と決意するだけで、「これ以上薄毛が進行したら・・終わりだ!」というストレスを軽減する事が出来るため、薄毛の進行を遅らせるのに貢献する場合があるのです。