汗臭くなる原因はシャツ・ワイシャツにもあり!体臭対策の盲点!

汗臭くなる原因はシャツ・ワイシャツにもあり!体臭対策の盲点!

参考画像

実はシャツ・ワイシャツ対策が凄く重要!

シャツから臭いがする・・

体臭の原因は汗や皮脂などを雑菌が分解する事により発生します。その発生源の多くは、シャツやワイシャツであるケースが多いのです。

 

どんなにシャワーで清潔にして、食事に気を付けたとしても、臭いが染みついてしまったシャツ・ワイシャツは、スグに臭いを放ちます。この場合、問題なのは『体臭』ではなく『衣類臭』です。

 

衣類臭対策の基本は洗濯にあります。

 

コチラでは、その衣類臭対策に関して、様々な方法を取り上げます。

 

シャツに染みついた皮脂汚れ・汗を雑菌が分解!

雑菌がシャツに染みついた皮脂汚れや汗を分解することで臭いが発生します。まずは、1日着た衣類の臭いを嗅いで、どの程度の体臭が発生しているかをチェックしてみましょう。

 

臭いが発生する部位はある程度決まっています。

 

  • 胸部(胸元)
  • 背中部
  • 襟部(ワイシャツ)
  • ワキ部

 

洗濯時に特に意識するべきポイントでもあります。
臭い抜き用の洗剤であったり、洗濯機で洗う前に漬けたり、擦ったりする時は、特にこれらの部位を良くケアする必要があります。

 

一度臭いが染みついてしまったシャツは、少し湿るだけで雑菌が活発に活動を始め、強烈な臭いを発します。生乾きの洗濯物同様、ちょっと汗で湿るだけで、強烈な臭いを発します。

 

体臭を何とかしたい場合、シャツやワイシャツについても対策をする必要があります。では、これから各種対策について1つずつ紹介していきたいと思います。

 

体臭とシャツと洗濯!

洗濯関連

参考画像

1.洗濯機の汚れ(洗濯槽)

洗濯槽が汚れていると(カビなどが原因)、洗った衣類が臭いやすい場合があります。洗剤に『粉せっけん』『天然系洗剤』などを利用している場合、洗濯槽が汚れやすい傾向があります。また洗剤を使いすぎると濯ぎの際に洗剤が残ってしまい、カビや雑菌の繁殖の原因になり、臭いの原因になります。

 

【対策】
洗濯槽を定期的に掃除する。
抗菌・消臭系の洗剤を使用する。

 

どうしても天然系の洗剤にこだわりたい場合は、定期的に洗濯槽用洗剤を利用し、洗濯槽をキレイにしましょう。

 

なお、各洗濯機メーカーは塩素系の洗濯槽洗剤を推奨しています。

 

2.洗濯機を買い替える

古い洗濯機は買い替えましょう。

 

オススメは

  • 温水洗浄機能
  • 乾燥機能付き
  • 抗菌・自動クリーン機能(洗濯槽などのカビや汚れをキレイにする)

付きの洗濯機です。

 

3.乾燥機を使う

参考画像

衣類の雑菌対策のために、乾燥機を使う手もあります。

 

大体、有名メーカーの乾燥機は50度~60度程度の高温になりますので、臭いの元となる雑菌対策になります。基本、臭いが染みつきやすいのは、直接肌に触れている肌着類のため、肌着類を乾燥機に掛けるようにします。

 

またワイシャツも襟部やワキ部は臭いがつきやすいです。ワイシャツは乾燥機OKのモノと、NGのモノがあります。また乾燥機に掛けると、シワクチャになってしまい、アイロン掛けが大変になります。

 

*洗剤の使い過ぎによる洗剤残りや、柔軟剤の臭いによっては、変な臭いになる事があるようなので注意が必要です。

 

4.洗剤と柔軟剤の香り問題

良い香りでも、混ざる事で不快な香りになる場合があるのです。

 

  • 洗剤や柔軟剤の香りが合わない場合
  • 洗剤や柔軟剤の香りと家のニオイが合わない場合
  • 洗剤や柔軟剤の香りと整髪料・スキンクリーム・デオドラントなどのニオイが合わない場合

 

汗と混ざる事で、返って嫌な臭いになるケースもあります。
もし、体臭が

  • 汗臭(酸っぱいニオイ)
  • 加齢臭(ロウソク・ブルーチーズ・腐った魚のような臭い)
  • ミドル脂臭(酸化した古い油のような臭い)

以外の臭いの場合は、洗剤や柔軟剤の香りが合わないのかもしれません。
柔軟剤を控える。
洗剤を変えてみる。
整髪料・スキンクリーム・デオドラントを一旦止めて臭いをテストしてみる。
などなど対策をしてみてください。

 

5.漂白剤を使う

漂白剤はシミや黄ばみを落とすのに大変効果的ですが、皮脂や染みついた臭いの元なども落とす事が可能です。オススメは酵素系の漂白剤です。出来れば、洗濯機でシャツ洗う前に30分~1時間程、シャツを漂白剤漬けておき、それから洗濯すると良いです。(塩素系漂白剤は色落ちするので柄物等には使えません。)

 

6.お湯で予洗いする

皮脂など臭いの元となる汚れ、雑菌は温度に弱いです。洗濯機メーカーの説明によれば40度~50度程度のお湯が、最も洗浄力を発揮し、皮脂など臭いの元となる汚れが落ちやすいとの事です。

 

湯船に浸かる時の平均的なお湯の温度が丁度良いわけですね。

 

最近は温水で洗う事が出来る洗濯機も登場しております。
パナソニックのVXシリーズ
日立のドラム型温水洗濯機
などなど

 

7.重曹で着け洗いする

アルカリ性の重層水に漬け置きすることで臭い(主に酸性成分)を中和することが可能です。タライなどに水を張り、大さじ1~2杯程度の重層を入れます。(重曹の種類によって容量が違うので説明書を良く読みましょう。)1時間~2時間くらい漬け置きします。その後洗濯します。そのまま入れて大丈夫です。

 

8.クリーニング屋

クリーニング屋さんで『汗抜き』をお願いする方法です。

 

プロの技術で最も確実に臭いの原因となる皮脂汚れなどを落とす事が可能です。ワイシャツやスラックスなどに染みた汗はクリーニング屋さんにお願いした方が良いです。

 

9.スグ出す、スグ干す、毎日洗う

出来れば洗濯物は毎日洗うようにしましょう。一度汗が染みたシャツを洗濯カゴや、洗濯機の中で放置すると、その間に雑菌が繁殖します。また一緒に入れておいた服にも雑菌が移ってしまうので、なるべく毎日洗いましょう。また脱いでから洗うまでの間も、汗が染みた肌着などは別途バケツなどにお湯や重曹水・クエン酸水などを張り漬けておくと良いでしょう。

 

そして、洗い終わった後もスグに出し、スグに干すようにします。湿ってグギャグチャっとしている時間が長くなればなるほど、臭い菌が繁殖しやすくなります。(乾燥機付きの洗濯機などを使うと、これらの問題を手間なくクリアーする事が出来ます)

 

一人暮らしの人の中には、洗濯物を溜めておき、休日などにまとめて洗う人が居ますが、体臭対策を考えた場合、それは止めた方が良いです。

 

10.風呂の残り湯ですすぎはしないようにする

お風呂の残り湯でのすすぎはしない方が良いです。

 

湯船に浸かった時、実は垢や汗が結構出ています。これが臭いの元になるのです。洗う時は残り湯でも構いませんが、すすぎに関しては水道水を使うようにしましょう。

 

シャツ関連

1.防臭シャツ

防臭シャツには

 

発生した臭いをイオンにより中和し無臭化するモノ
抗菌により臭いの原因となる雑菌の繁殖を抑えるモノ
臭いの原因となる汗を素早く乾かすモノ
などなど

様々なタイプがあります。

 

例えば、汗臭には防臭効果を発揮するが、加齢臭にはダメ。といったタイプの防臭シャツもあります。しかし、市販のシャツの多くは、『体臭を抑える』と一括りにしているため、ミドル脂臭を何とかしたいけど効かなかった!という事が起こり得ます。

 

日経さんの記事で面白い実験がありました。

 


「体臭抑える」はホントか 消臭肌着6製品テスト
参考:NIKKEI STYLE

 

ただし、あくまで肌着部分に染みつく汗や皮脂を原因とする体臭への対策であり、ワイシャツの襟部分や裾部分、または主な臭いの発生源になりがちな髪の毛などは別に対策をする必要があります。『防臭肌着を着たけど、臭いが減らなかった!』と答える人の中には、肌着部分以外に発生源がある場合もあります。

 

2.肌着を着る

素肌にワイシャツも体臭の原因になります。
少し値が高い良いワイシャツを選べば話も違うのですが、比較的お安めの化学繊維のワイシャツは汗でベトベトになる、乾くと臭くなる、コスト的に頻繁に買い替える訳にもいかないという事情があります。

 

また肌着の場合、仮に汗が染みて臭いが発生しても、その上に来ているワイシャツにより、ある程度ブロックする事が可能です。しかし、素肌にワイシャツの場合、臭いがそのまま広がります。

 

また胸元や背中の汗が、吸収されずに滴り落ち、ズボンの裾部分が臭うようになる場合もあります。人によりこだわりもあるかもしれませんが、体臭対策という観点からは防臭シャツを肌着として着用する事をオススメします。

 

3.肌着に防臭抗菌スプレー

衣類に吹きかけるタイプの防臭スプレーです。スプレー吹きかけた部分が臭いの発生を防ぎます。臭い成分を吹き付けた成分が中和し無臭化する事で体臭を抑えます。

 

ワキの臭いが強い!など、部分的に臭いが強い場所がある人には大変効果的です。

 


「ニオイ自体をイオン化結合により無臭化。ニオイ分子を急速変化。これにより大容量のニオイを瞬間的に消臭することを実現。」
引用元:いい快互服ドットコム『ヌーラ』

 

4.こまめにシャツを買い替える

汗が染みつき、少し湿るだけで臭いを発するようになったら、新しいシャツに切り替えるという手もあります。少しお手頃な価格帯のシャツにしておき、家の洗濯だけでは臭いが落としきれなくなったら、新しいシャツを着るようにします。

 

ガテン系ワーク、または飲食店勤務等で臭いが移りやすい場合は、洗う手間・クリーニング屋さんに出す手間を考えた場合、買い替えた方が楽だし、返って安い場合もあります。

 

5.干すときの工夫

風通しが良いところ。
出来れば日が当たるところ。
または乾燥機を用いる。

 

生乾きは臭いの原因です。また干す場所の周囲に臭いを発するモノがある場合は、外干しは控えましょう。湿気の多い時期は、出来れば乾燥機などを用いたいですね。とにかく雑菌が好むような環境にならないようにしましょう。

 

その他

1.家の中のニオイに注意

家の中でお香を焚いたり、芳香剤を用いている場合、シャツに臭いが移らないよう気を付けましょう。汗と混ざる事で異常な臭いを放つ場合があります。

 

特にお香などの香りは、様々な臭いと混ざる事で、不快な臭いになる場合があります。香りの種類にもよりますが、そもそもお香などのニオイを苦手とする人も結構居ます。従って、自分は良い香りのつもりでも、他人にとっては不快というケースがある事も頭に入れておきましょう。

 

2.タバコのニオイ

タバコのニオイも大変嫌う人が多いです。
タバコの臭いが衣類につき、体臭と混ざる事で、大変キツイ臭いを発します。

 

朝日新聞デジタルのアンケート調査によれば、タバコのニオイを嫌う人は、「強く同感する」「どちらかというと同感する」を併せて、90%近くに達します。
参考:朝日新聞デジタル調査

 

またタバコは、口臭を強くしたり、体臭も強くします。
控えるに越したことはありません。

 

体臭対策は総合的なアプローチが重要!

総合的に取り組む事が大事

シャツ・ワイシャツの臭い対策は重要です。しかし、体臭対策そのものは、総合的に取り組む必要があります。

 

やはり根本は食事面・健康面にあります。汗や皮脂が雑菌に分解されて強い体臭に変わるかどうかは、食事が大きく関係します。食生活を改善するだけで、大幅に体臭が解消される人は多いです。

 

健康面も極めて重要です。人間には元々ニオイを抑えるような働きが備わっています。健康な時はニオイもそこまでキツクなりません。しかし、疲労が蓄積したり、睡眠不足であったり、ストレスにより心身消耗していたり、病気を抱えている時は、ニオイを抑えるような働き(具体的には内臓の働き)も弱まり、体臭がキツクなります。

 

 

また、当然ながらシャワー・石鹸・ボディーソープなど、清潔面も重要です。体臭対策で1日に何度もシャワーを浴びる人が結構居ますが、シャワーにも適切な浴び方があります。石鹸やボディーソープも単にゴシゴシ洗えば良いという訳ではありません。実は、シャワー・石鹸・ボディーソープ面においても、間違った対策をして、逆に体臭をキツクしている人が多いです。

 

 

このように総合的にアプローチする事で体臭はかなり抑える事が可能になります。

 

もちろん、それでも多少の体臭は出てしまうモノです。暑い夏の外回りの後などの体臭は已むを得ません。しかし、これも適度なデオドラント対策を施す事で、相手に迷惑を掛けたり、嫌悪感を抱かれるような体臭”問題”に発展させずに済ませる事は可能です。

 

コチラでは、体臭対策において盲点になりがちな、シャツ・ワイシャツ対策について説明させて頂きましたが、食事面・健康面・清潔面・デオドラント面についても、どうぞ参考にしてください。

 

何しろ

  • 体臭1つで人生が狂ってしまうような時代です。
  • 体臭1つでダメな奴だと蔑まれる時代です。
  • 体臭1つで人間関係に問題が生じる時代です。(異性だけでなく同性からも避けられる)
  • 体臭1つで仕事も上手く行かなくなる時代です。

 

しっかりした知識と考え方を身に付けて、体臭対策はもちろん、自分自身を守る努力をしましょう

 

関連ページ

少しでも気になったら始めよう!男の体臭対策ガイド
30歳を超えると気になってくるのが体臭・そして加齢臭の問題です。ここでは体臭・加齢臭対策に関して、総合的に解説したいと思います。
体臭を根本から改善するならば【食事対策】は必須だ!
体臭を根本から改善したい場合、食事対策は極めて重要です。ただし、それは特定の食材を食べる・控えるといった話ではなく、全体のバランスです。実は、多くの人がココが分からずに対策を間違えています。
体臭対策にオススメな石鹸・ソープの条件とは、実は・・
体臭対策にオススメな石鹸・ソープの選び方について解説!一般的には洗浄力や臭いケア成分で比較しますが、実はもっと重要なポイントがあります。